スーパーグローバルコースとその修了要件

京都大学の数学系スーパーグローバル大学創成支援事業では,数学系スーパーグローバルコースを設置し,27年度に最初の修了者3名が誕生し,28年度から本格的に登録を開始しました.当面は,授与する学位は「京都大学博士(理学)」とし,学位記に加えて,審査を経て「数学スーパーグローバル修了認定書」を交付します.

数学系スーパーグローバルコースの修了要件は以下のとおりです:

  1. 外国の大学または研究機関において,原則として通算で3ヶ月以上の期間にわたって博士学位論文に係る研究を行ったこと(修士課程も含む)
  2. 外国の大学または研究機関の研究者を副指導教員とし,その副指導教員から博士学位論文に係る研究指導を受けたこと
  3. 博士学位論文審査において.副指導教員から査読を受けたこと
  4. 所定の講義について2単位以上(単位相当分を含む)を取得したこと

注意:

  • 副指導教員は数学系ユニット会議と理学研究科会議で承認されることが必要
  • 所定の講義とは特別招へい教授などによる特別講義や今後,開講予定の科学英語講義を含む講義である
  • 単位相当分とは,博士後期課程学生が受講して合格した場合のことを指す